h2.gif

はや四十九日が過ぎ…

2012|11|24
IMG_0207web1.jpg
49日、早いのか遅いのか…

今週、父の四十九日のささやかな法要を終えた。
8月に叔母を看取って以来、あれがありこれがありで、“抹香臭い”と言うのは憚れるが、ようやく娑婆に戻った感がする。
毎朝の墓参は生活習慣のようになってしまった。
生前、親父とは交わす言葉も少なかったが、今はその穴埋めをするかのように、墓石に向かって語りかけ、これまでのぞんざいを詫びている。
不思議なもので、墓前で手を合わせるという心なりのなかでは、自身もそれによって清められるような気がしないでもない。いまだ煩悩まみれの我が身にあっては、毎朝の清澄な、一瞬の清廉な時間は心のビタミン剤のようなものである。
ま、その後は再び煩悩をまとい、夜には更に煩悩の厚着を重ね、へろへろになりながら、朝には再び身を引き締めて墓参に向かうわけである。

IMG_0026web.jpg
思えば毎朝飲んでいた…

そんな朝、神奈川のOさんから「まだ『BIGGAME』が届きませんが…」とのお電話を頂戴した。しどろもどろになりながら「実はこれから原稿を書くようなありさまで…」と答えると「遅れるのは毎度のことなので今回も気長に待っていたのですが、あまりにも遅いので、もしや夜逃げでもしたんじゃないかと思って…」と、チクリと穏やかな嫌味を言われてしまった。一瞬、かつて付き合っていた女に「私の事など、全然考えてくれてないんでしょ!?」と詰め寄られたシーンを思い出してしまった。
あれやこれやの言い訳は抜きにして、「俺にはお前だけやで!」と『BIGGAME』に言ってやりたい気がしたものである。

posted by biggame at 14:55 | 日記