h2.gif

SHALLOW WATER BIG-GAME

2011|08|30
SANY0065shinweb.jpg
浅場に回遊することで知られるシロカジキだが、その遊泳深度が、時には想像以上に浅いことが分かってきた。玄界灘の壱岐以東で、福岡の金子新クンが記録した116.2sは、何と水深40mを切るエリアでヒットしたものだ。この記録は、9月にはJGFAジュニア・アングラーの日本記録となるだろうが、お父さんの312.1sのシロカジキ(2010年9月5日)と共に、今後の玄界灘のブラックマーリンフィッシングの大きなエポックとなるだろう。
詳しくは雑誌『BIGGAME』25号で!
posted by biggame at 14:43 | 日記